施工例紹介

給排水管更生(SRCT工法)

SRCT工法は吸引車の「真空吸引力」を利用して、老朽化した給・排水管の内面に
発生した錆や付着物をクリーニングし、強固な塗膜を管内にライニングする吸引式の
パイプライニング工法です。「真空吸引力」を利用することにより、既存の建築物を取り壊したり建築物内に配管されている給・排水管の配管を取り外すことなく、
既設管や構造物の延命を図り、赤水による水質汚染や異物による流水のつまりなどの改善を目的とした工法です。

給水管の赤水等で困っている方相談してください。

 

研磨後                     ライニング状況


【↑】このページの先頭部分まで戻ります。